画廊のコラム

「アート」に関する記事

絵画販売~店頭からインターネット通販へ

坪田昌之

1972年に絵画販売の仕事を始めて以来48年余りの間に商品の種類、販売の形態などが大きく変化しました。 以下にその変遷ぶりを幾つかお話ししたいと思います。 お話しする内容は弊社での経験をもとにしていますので全ての販売業者に当てはまる訳ではありませんがご一読頂きますようお願いいたします。

2020.07.02

老人ホームに飾るアート

坪田昌之_01

名古屋駅のほど近くに建てられた老人ホーム内のレストラン・廊下・エレベーターホール・浴室ラウンジ等に現代アートの作品を納入いたしましたのでここに設置事例を掲載させて頂きます。 どの作品も空間に良くマッチしていて「明るく健康的な作品ばかりで入居者の皆さんにも喜んで頂けると思います。」と施設の方の評判も上々でした。

2020.04.30

オフィス(企業)の中のアート

オフィスの中のアート_事例1

大手広告代理店の電通が「アート・イン・ビジネス」事業を開始したと報じられています。2019年12月には『アート・イン・ビジネス|ビジネスに効くアートの力|』という書籍も発行しています。 この書籍はオフィス(企業)内にアートを導入するということについて明確な問題意識と展望をもって書かれた非常に読みごたえのある本です。ご興味のある企業様やビジネスパーソン様にも参考になる本だと思いますのでここに概要をご紹介させて頂きます。

2020.01.17

アート通販~ネットを通じて顧客とつながる

芝高康造・銅版画モノタイプ
階段の壁に飾る

絵画販売のギャラリーファインアートは現代アートの専門画廊です。 商品の傾向はモダンな抽象です。 最近はネット通販でアートを購入なさるお客様の比率が上がってきています。 ネットを通じてお問い合わせくださるお客様に対しては、お顔が見えない分、余計にお一人お一人に「丁寧に!誠実に!」を心がけています。 ホームページを見ただけでは商品の内容がよく分からないという方には、電話やメールで詳しくご説明致しますので何なりとご相談ください。

2019.11.21

医院・クリニックに飾る絵画

中澤慎一・ペインティング・アクリルボックス仕様

医院・クリニックの受付や待合室には、お手持ちの絵画や版画などが無造作に飾られている所が多いようですが、時々『空間に合わせて、作品選び・フレーミング(額装)・飾り方等、明らかに専門職によってアートコーディネートがなされている』と思わせるような、空間にピッタリのモダンで素敵な作品が飾られている医院やクリニックを見かけることがあり、患者さんへの心遣いを感じます。

2019.11.13

アート 通販

坪田政彦・シルクスクリーン

アート販売の方式には、ギャラリーでの店頭販売、ネット通販、そして店頭と通販の両方で販売する方式があります。なおここでは、「アート」とは絵画、版画、オブジェ、彫刻、書などの美術品全般を指しており、「通販」とはインターネット通販又はネット通販を指しています。ギャラリーファインアートは1972年の創業以後ギャラリーでの店頭販売を行って来ましたが、2013年に楽天市場内にアート通販サイトを設け、店頭、通販の両方を行うギャラリーとして現在に至っています。

2019.10.17

マンションに飾るアート

奥野美果

兵庫県の近郊、六甲山の中腹に建てられたマンションのアートワークをご紹介させて頂きます。 少し歩くと川の清流も眺められ、自然の木々と花々に囲まれた美しいマンションです。 比較的低層の建物内にはゆったりしたエントランス、ギャラリー風の空間、また広々として廊下が設けられています。 「自然に囲まれた建物にふさわしく自然とマッチするアートワークにしてほしい」という設計サイドの要望を受けて、今回はキャストガラスの奥野美果と木・レリーフの坪田昌之の作品を制作させて頂きました。両作家とも、アートと環境が共鳴しあった美しいアートワークになりました。

2019.08.26

絵画 マンションエントランスのアートワーク

百瀬寿

絵画販売のギャラリーファインアート(大阪市)ではマンションのエントランス、エレベーターホール等の共有部分に飾るためのアートのご相談を設計事務所、デザイン事務所、またマンションメーカーの担当者の方からお受けすることがよくございます。 最近はマンションの高層化が進み居住者や利用者の数も多くなっています。また高級化に伴いましてエントランスにアートを採用する企業様が年々増えてきているようです。

2019.07.26

リビングルームにアートを飾る

安東菜々

『お部屋のリビングルーム、玄関、寝室等にアートを飾る』という趣旨のブログは「画廊のコラム」にも幾つか投稿していますが、ここに最近の設置事例をご紹介させて頂きます。 ひと昔前までは、部屋に飾るアートといえば洋画や日本画が一般的でしたが、最近はこのサイトでもご紹介している現代アートが主流になって来ています。その理由は現代アートが 現代の建築によくマッチしていること、現代人の感性に合っていること等にあるのではないかと思っております。

2019.07.25

木村繁之

木村繁之_昼の果実夜の鉱石

木村繁之の版画や立体作品は風景、動物、小鳥たちが登場するという意味で「具象」の中に入りそうですが、それは現実に私たちに見えている世界ではなく、作者の空想の世界、または夢の中に現れる異次元の世界だと言えます。それは、私たちが子供の頃に両親から読み聞かせてもらったアンデルセンやグリム童話、「ぐりとぐら」、「星の王子様」等の優れた物語の世界に通じるものがあるかも知れません。

2018.10.03

絵画 インテリア

中澤愼一

インテリアに合った絵をお探しの方、またインテリアに合わせてアートを選びたい方へ。 最近では、ホテル・病院・老人介護施設・マンションのエントランス、また企業の応接室・会議室などに、インテリアに合った現代絵画や現代版画を飾る例が一般的になって来ています。 これは、美しい空間や環境を提供することで利用者の方々に喜んで頂きたいという企業主の気持ちの表れでもあり、おしゃれでかっこいいアートを採用することによって他社との差別化を図りたいという競争戦略の表れでもあるのかも知れません。

2016.12.08

リビング、玄関、寝室などに絵を飾る

とくだあきら

ご新築、マンションご購入などのタイミングにお部屋におしゃれでかっこいいアートを飾りたいと思っておられる方も多数おられることと思います。気に入ったアートを飾ってその美しさに感動する、心が安らぐ、気分が落ちつくなど、アートは 購入したときの一時的な感動だけではなく、ふと眺めた時に「キレイだな」「和むな」と感じられる素敵なインテリアです。

2016.07.26

ホスピタルアート

渡辺信子

ホスピタルアートという言葉は少し耳慣れない言葉ですね。あるホームページには、ホスピタルアートとは、アートの力をもって、病院などの医療環境をより快適な癒しの空間とする試み。欧米では20年近くの歴史があるけど、日本ではまだ始まったばかり。と記載されています。

2016.07.22

リビングに飾る絵

坪田昌之

住宅を新築されたりマンションを購入された方が絵を買われる場合には、まずはリビングルームからという方が多いようです。リビングは家族団らんの場であり、時には親族の方や親しい友人が集まる大切な暮らしの空間ですので少し贅沢かも知れませんがポスターなどと比べるとちょっと高価な絵画、版画、オブジェなどをお薦めします。

2016.07.22

荻野丹雪 モダン和風の書

hot_026

モダン和風のアートをお探しの方には荻野丹雪の書や墨象の作品をおすすめします。荻野丹雪はウイスキーの有名ブランド「響」やNHK大河ドラマ「新選組!」等のロゴを手がけた書家で、抽象的な現代アート作品も高く評価されています。

2016.07.14