リビング 絵  画廊のコラム

リビング 絵 

現代アートは題材や手法に制限がなく自由な発想・自由な 表現方法で制作されています。
リビングルームに絵を飾る場合でも何処に飾るか、またどんな絵を何点くらい飾るのがよいか等に制約はございませんので
気に入ったアートをお好きな場所に自由にお飾りになることをお薦め致します。

黒木周

黒木周

 

好きな色、それほど好きではない色などもおありかと思いますが色にはそれぞれ固有の美しさがあります。そして作品は様々な
色の連なりから出来ています。それほど好きではない色が入っているから好きな色の美しさが際立つという面もあるかと思います。
本来色そのものに意味はありません。グレーや黒は暗いとか、ブルーは寒色系だから避けた方が良いのではないか等の固定観念
にとらわれないで様々な色の作品の中から自由に選ぶのがベストではないでしょうか?

原陽子

原陽子

また、飾る場所はソファーの後ろに飾る例が多いようですがソファーに座った位置から目に入る壁面、もしくは左右の壁面に
飾って頂くのもご自由です。

坪田昌之

坪田昌之

昔の日本家屋は開放的に作られていて障子や襖が多かったため飾る場所も床の間とか玄関などに限られていました。
そのため一度に飾る点数を少なくしてその代わり掛け軸などを四季折々に合わせてかけ替える、また慶事、弔事など
の折にはそれに合わせた絵を飾るとなどの習慣がありましたが、現在は建物の洋風化によって飾る場所が昔と比べると
増えています。
お部屋に1点だけ飾るのではなく欧米並みに複数の絵を飾るのも空間が華やかになって楽しいものです。映画やテレビ
などでお部屋の至る所にアートが飾られているシーンをご覧になった方も多いのではないでしょうか?

扇田克也

扇田克也

なお、誤解を招いてはいけませんのでお断りしておきますが昔日本家屋が主流だった頃にはすべてのご家庭の床の間や
玄関にアートが飾られていた訳ではありません。
むしろアートを飾るご家庭は少数派で多くのご家庭にはそのような習慣はなかったように思われます。
日本人は欧米人と比べてアートに対する知識・関心・興味の度合いが低いとはよく言わることですがそれは育った家庭や
周りの環境にそもそもアートがあまりなかったということも起因しているのではないでしょうか?
ご家庭にたくさんのアートが飾られているという環境はお子さまがアートに興味を持ちお子さまの情操をより豊かにする
という面からも価値あることだと思います。

白駒一樹

白駒一樹

皆さまのご家庭に、先ずはメインの場所に1点、次に他の壁面、そして玄関、寝室、子供部屋、、、とアートを飾る場所を
広げていってご家族でアートを楽しんで頂ければいいな、と思っています。

高浜利也

高浜利也

リビングにアートをお探しの方は弊社ホームページの納入実績をご覧ください。
ギャラリーファインアート納入実績

なお、弊社のホームページには取扱作家、通販サイト、Zoom(オンライン)によるアートコンサルティングなどのご案内を
致しておりますので併せてご覧頂きますようお願い申し上げます。

絵画通販現代アート販売サイト|ギャラリーファインアート

 

また、下記のブログもご参考になるかと思いますのでご案内申し上げます。

リビングルームにアートを飾る


投稿日:2020.12.03