「小さなHOUSE屋さんのおはなし」~扇田克也~ 画廊のコラム

「小さなHOUSE屋さんのおはなし」~扇田克也~

むかしむかしあるところに

みっつのみっつがありました。

みっつのみっつは仲良しでした。

でもある時、ニセのおひさまがやって来て

みっつのみっつを溶かしてしまいました。

みっつのみっつが消えてしまうと

新しい世界がやって来ました。

小さなHOUSE屋さんはおどろきました。

でもその新しい世界で自分にできる一番のことは

小さなHOUSEをつくることだと思いました。

そして小さなHOUSE屋さんはくる日もくる日も

小さなHOUSEをつくり続けました。

いろいろ不安もありました。

でもつくっていると不安は忘れました。

するとどうでしょう、不思議なことが起こりました。

新しい世界のあちらこちらから小さなHOUSEが見たいと

いう声がオンラインで届き始めたのです。

そして今では小さなHOUSEは空を飛び海を渡り森を越え

大地を走り、世界のあちらこちらへと旅をしています。

小さなHOUSE屋さんは小さなHOUSEとそれを必要として

くれるひとに感謝しながら、これから小さなHOUSEが

出会えるかも知れない素敵なひとたちのことを思って

今も小さなHOUSEをつくり続けていますとさ、、

作・扇田克也 2020年6月10日

扇田克也の作品ページはこちら

HOUSE 2020

HOUSE 2020


投稿日:2020.06.10