画廊のコラム

「書」に関する記事

インテリアに合うアート

安芸真奈

アート(絵画・版画・レリーフ・彫刻・オブジェ・書など)の用途はインテリアとして、コレクションとして、資産としてなど様々ありますが、一番多いのはインテリアとして利用されるケースです。 インテリアは壁紙、床材、照明器具や家具類など室内を装飾するもの全般を指しますがアートもまた広い意味でインテリアの中に含まれます。 インテリアアートは明るくシンプルでかっこいい傾向の作品が好まれていますが、ただ単に美しいだけでなく根底に優れた芸術性が備わっていることが必須だと考え作品選びを致しております。

2016.08.10

モダン和風のアート

hot_026

モダン和風のアートをお探しの方には荻野丹雪の書や墨象の作品をおすすめします。荻野丹雪はウイスキーの有名ブランド「響」やNHK大河ドラマ「新選組!」等のロゴを手がけた書家で、抽象的な現代アート作品も高く評価されています。

2016.07.14

絵画 アートの注文制作致します

荻野丹雪

お好みの作品が見つからなかった場合には注文制作を承っています。注文制作はすべての作家が行っている訳ではなく、数名の作家に限られますが、ご注文を頂きましたら、完成作品のイメージを作家が手書きスケッチまたはコンピューター上でのCG合成により作成し、お客様の承諾を頂いた上で制作にかかります。

2014.07.03