画廊のコラム

「抽象」に関する記事

現代彫刻販売のギャラリー

内田晴之/ステンレススチール・マグネット・塗料

ギャラリーファインアートは現代アートの彫刻やオブジェの取り扱いもいたしております。 彫刻を飾る場所は官公庁や企業またマンションのエントランスホールや公開空地(マンションの場合は坪庭などにも)の他最近では住宅の玄関ホールやリビングルームなどに飾る例も増えてきています。

2017.01.08

坪田政彦展覧会

坪田政彦展会場(ギャラリーファインアート)

坪田政彦展は本日(2016/11/3)が最終日です。 油彩画と版画の作品を約20点展観致しましたが、期間中たくさんの方々にご来廊頂き誠にありがとうございました。 坪田氏は40年以上にもわたり一貫して抽象作品を制作しておられます。 作風はストイックなまでにシンプルで単純です。そのシンプルで単純、そして抽象化のその先に限りなく豊穣な世界が立ち現れる見事な作品群です。

2016.11.03

モダン和風のアート

hot_026

モダン和風のアートをお探しの方には荻野丹雪の書や墨象の作品をおすすめします。荻野丹雪はウイスキーの有名ブランド「響」やNHK大河ドラマ「新選組!」等のロゴを手がけた書家で、抽象的な現代アート作品も高く評価されています。

2016.07.14

抽象画が好まれる理由

原陽子

太宰治の小説「富嶽百景」の中の「富士には月見草がよく似合う」という有名なフレーズを借りてこのブログのタイトルにさせて頂きます。 抽象画(他にも抽象絵画、抽象アート、抽象などの言い方があります)はオフィスの事務室、会議室、応接室などにとても好評です。もちろん花や風景画などにも一定のファンがいますので抽象画だけだと申している訳ではありませんが。

2014.07.07

絵の用語

美術品の世界でよく使われる用語について簡単に説明いたします。 なお、(  )内に転載元の書籍名を記載しました。また、(画廊)とある箇所は弊社が補足的に書き足しました。

2004.10.01