画廊のコラム

額縁(フレーム)へのこだわり

絵画・版画等の販売では、額縁価格の高低によって同じ作品でも商品価格に差が出て参ります。そこでインターネット上で販売する場合は商品の価格が他のサイトと比較されやすいため、廉価な既製額(ほとんどの場合東南アジアからの輸入品)を用いて商品価格を低くするのが一般的なのですが、弊社では額縁にも特別のこだわりを持っており、通常は作品に合わせて額縁職人が一点ずつ製作致しております。“暮らしの空間を美しく楽しくする”という弊社のコンセプトを追求する中で、高品質の額縁は商品であるアートを引き立たせる存在として欠かせない存在だと考えています。

専門の額縁職人による丁寧な仕上げ

弊社の額縁は材木の選定から最終の仕上げまで専門の額縁職人が幾つもの工程と時間をかけて手作りで丁寧に製作したものですので、手にした時の質感、そして部屋に飾った時の印象が既成額とはまるで違います。

ネットでは両者の違いはお分かりになり難いかと思いますが、弊社の手作り額縁の優れている点をご理解頂ければと思い以下にその製作工程を写真付きでご説明致します。

額縁の色により製作工程が少し違いますが、写真は銀箔いぶしの額縁の製作シーンを掲載しています。

なお、以下の工程は4種類の専門職人が分業で行います。

組(組み職人)

通常70×30×2400~2500ミリ程度の木材を適度な大きさにカットしフレームの形に整形していきます。木材は十分に乾燥し、反りやねじれ等がおこらないものを使用します。

製作開始

製作開始

研磨(研磨~カシューまでは塗り職人)

表面をなめらかにするために木の表面を磨きこんでいく作業です。木材の段差、細かい傷などをチェックしながら時間をかけて丁寧に磨きこんでいきます。

木部研磨

木部研磨

シーラー下地作り(砥粉による目留め)

砥粉(トノコ)を塗り込んでゆく作業です。

吸収性のある木材が仕上げ塗料を吸いこまないようにする、また仕上げ塗料との密着をよくするための作業です。→ミディアムブラウン、ダークブラウンのフレームはこの工程の後、透明のニスと油性の塗料を調合して着色していきます。

シーラー処理開始、目留め

シーラー処理開始、目留め

シーラー処理完了、目留め

シーラー処理完了、目留め

サフェイサー下地作り(油性石膏)

艶のない白色の油性石膏を二度ほど吹き付けし表面を整えていきます。

更に耐水ペーパーで表面を磨き表面をツルツルの状態にまで仕上げます。

→白、黒はこの工程の後ラッカー塗料を吹き付けて製作します。

サフェーサー

サフェーサー

カシュー

ここからは金箔いぶしと銀箔いぶしのフレーム製作に必要な工程です。

カシュー塗料を塗り込む作業です。箔を貼りやすくするための下地作りです。

箔貼り(箔貼り~いぶしまでは箔貼り職人)

箔を貼り込んでゆく作業です。箔貼り及びそれ以降の作業はとりわけ熟練の技が要求されます。

下地カシュー塗布に銀箔手貼り 1

下地カシュー塗布に銀箔手貼り 1

 

下地カシュー塗布に銀箔手貼り 2

下地カシュー塗布に銀箔手貼り 2

下地カシュー塗布に銀箔手貼り完了

下地カシュー塗布に銀箔手貼り完了

銀箔押さえ 1

銀箔押さえ 1

銀箔押さえ 2

銀箔押さえ 2

研ぎ出し

ブラシやスチールウール等で箔を剥(む)いていく作業。箔と下地の色がほどよく調和し美しい風合いになるように仕上げていきます。

銀箔研ぎだし

銀箔研ぎだし

クリアー留め

保護膜をつけます。

いぶし

作品に合った風合いに微調整する仕上げの最終工程です。

仕上げ(セット職人)

作品をフレームにセットし、これですべての工程が完成します。

銀箔完成

銀箔完成

 


投稿日:2016.11.28